様々な種類がある水のトラブル

様々な種類がある水のトラブルですが、キッチンでもお風呂場でも蛇口からポタポタと水が流れ落ちるのはよくあることです。日々変わらないように見える蛇口でも、使っていくうちに徐々に部品が劣化したり、ナットが緩んでそこから水が漏れ出ることがあります。これらが水のトラブルにつながり、ある日いきなり大量の水があふれることもあります。急に発生したように感じても、実際には少しずつ異変が起きていて、症状が大きくなってから気付いただけです。

軽いうちに気付ければ、その時点で簡単な修理を行うだけで直せますので、日頃から何か問題がないかを確認すると良いかもしれません。ナットの緩み程度なら、わざわざ業者に委託することなく自分で直せます。モンキーレンチが必要ですが、今後も同じようなトラブルが発生する可能性はありますので、一つ用意しておきましょう。レンチを使って適度な強さで締め直し、再度水を出して様子を見るだけです。

レンチで締めたことがない人は力加減が難しいと感じますが、強く閉め過ぎないことが重要です。力の加減を誤ると、部品を破損します。パッキンの交換でも、仕組みを多少理解していればできますので、動画等で確認しながら実践してみましょう。ただし、パッキンは規格に合ったものが必要になりますので、本格的に修理する前に用意する必要があります。

このように水のトラブルでも自分で対処できるものがいくつかあり、できないものは業者に任せるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *