浴室リフォームを行う時の注意点

浴室は毎日使う場所ですから、いつでも清潔に使いたいと思うはずです。ただ、毎日使っていますから、汚れやカビなどが気になる場所でもあります。一般的に浴室は、築15~20年を目安にリフォームをするのが良いといわれています。もちろん、それ以上使用することは可能ですが、土台が腐食してしまう可能性も高くなり、工事費用がよけいにかかる場合がありますから、不具合がでる前にリフォームを行った方がよいでしょう。

浴室には在来工法とユニットバスがありますが、リフォームで選ばれるのはユニットバスがほとんどで、工場などでパーツを作成し、現場で組み立てるため、在来工法よりも工期も短く、費用も安く抑えることができることから、人気となっています。また、浴室としての機能も高く、防熱加工や防水加工が強固にされているため、寒く感じたり水漏れの危険性も低いというメリットがあります。ユニットバスのデメリットとしては、規格が決まっているため、バリエーションが少なく、素材などは自由が利きません。そのため、お風呂にこだわりをもっている人には不向きといえます。

一方、在来工法は、ヒノキ風呂や露天風呂など、こだわりを実現することができます。浴室リフォームでよくある失敗が、開放感を求めて窓を大きくしたら、落ち着かなくなってしまったり、庭に向けてお風呂を作ったら、裏の家のリビングから丸見えになってしまい、お互いに気まずい思いをすることがあります。こういった失敗を防ぐためにも、窓の大きさは外からの視線をよく確認して決めることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *