快適な浴室を作るリフォーム

築15~20年ほど経つ頃が浴室リフォームの目安と言われています。ただ、浴室リフォームがどのくらいの費用がかかるのかよくわからないため、悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。浴室のリフォームには、ユニットバスや在来工法、ハーフユニットバスの3つの方法があります。その中で現在主流となっているのは、ユニットバスで、100万円以下から修理が可能で、工期も短いということから人気となっています。

浴室をリフォームする時には、目的をはっきりさせておくことが大切です。もし、露天風呂のようなお風呂にしたいという場合には、ユニットバスでは難しいため、在来工法になりますし、費用をなるべく抑えたいという場合には、ユニットバスというように、目的をはっきりとしておくと、業者もその目的にそった目線での提案をしやすくなります。また、既存のお風呂が、在来工法かユニットバスかによっても、費用が変わってきます。もっとも費用を抑えることができるのは、ユニットバスからユニットバスへのリフォームで、工事は3~5日程度で完了し、費用も70万円程度から行うことができます。

一方、在来工法から在来工法への工事は、工期も費用もかかってしまいますが、自由にお風呂を設計することができるのが魅力で、ヒノキ風呂や露天風呂、ガラス張りのお風呂など、使用する素材などの自由に選ぶことができ、こだわりの浴室を実現することができるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *