浴室リフォームの方法

浴室のリフォームをしたいと考えた時にもっとも気になるのは、リフォーム費用ではないでしょうか。どんなに安くても数十万円の費用が必要となりますから、失敗しないようにしたいと考えるのが当然です。ただ、浴室のリフォームは、一筋縄でいかないもので、工事の方法や商品、保証の有無や範囲によっても、金額には大きな差が生じてしまいます。ユニットバスからユニットバスへリフォームする場合には、50~150万円が相場となっています。

工事日数は、1~2日で、ユニットバスの価格が30~60万円、古いユニットバスの解体と取り付けに20~40万円、給湯器の交換や配管の工事などに10~50万円程度かかる計算となります。現在、浴室のリフォームとしては、このユニットバスがもっとも主流となっていて、費用や工事日数を抑えたい場合には、一番おすすめとなります。在来工法からユニットバスへ変える場合には、土台の壁や床が傷んでいる場合が多く、補修工事が必要おとなる場合がありますから、最低でも10~40万円は費用が追加されます。また、補修工事は、実際にお風呂を解体しないと判断できませんから、見積もりよりも費用がかかってしまうというケースも少なくありません。

そのため、事前に補修工事が必要となった時の費用がどのくらいなのかを、確認しておくとよいでしょう。場合によっては、ユニットバスではなく、在来工法の方が安くすむというケースもありますから、解体だけを先に行って、状態を見てから決めるというのも、一つの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *