浴室のリフォームを検討する

浴室が古く、使い勝手が悪い世帯では浴室リフォームを検討するでしょうが、失敗のない正しいリフォームをしなければいけません。現在はリフォームを手掛ける企業が多く、工務店やバストイレタリーなどを扱う住設メーカー、建築会社、地元大工さんの他、ホームセンターなどでも請け負います。どこで依頼するのが良いのかと迷うでしょう。地元の業者などの地域密着企業に依頼するのも良いでしょうが、住宅設備メーカーに直接依頼するのも良いでしょう。

住宅設備メーカーによる直接工事であれば、中間マージンが省けてお値打ちな価格となるでしょう。地元の業者であれば、リフォームを専門に展開する業者であれば、浴室システムを在庫として持ち、安価な製品購入ができるでしょう。業者は個別に得意な分野があります。バスシステムの仕入れルートが確立されていて、どこよりも安くお値打ちな価格でシステムの設置が行える業者を選びましょう。

メーカーは仕入れ実績に高い業者への卸価格は低くします。下請け業者を使わず、自社職人で作業を行う業者であればそれだけ費用が安く済みます。これまでの浴室の解体から取り外した残骸処分まですべての費用を見積もりに入れて、お値打ちな業者を選びましょう。ポイントは、複数の業者から見積もりを取ることです。

少なくとも3社から見積もりを取りましょう。見積もり内容を見比べて、解体、処分、工事、システムの単価まですべてを比較して決めましょう。システムの販売単価がお値打でも工賃が割高な業者も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *