浴室リフォームにかかる料金相場

浴室リフォームでもっとも多いのは、ユニットバスへのリフォームです。浴室には、ユニットバス以外にも、昔ながらのタイル張りの在来工法がありますが、在来工法は費用や工事日数もかかるため、リフォームにはユニットバスを選ぶ人がほとんどです。ユニットバスというのは、浴室の天井や床、浴槽などを工場であらかじめセットにして作られたもので、規格が決められていて、現場でパーツを組み立てるため、作業にかかる時間も短く、在来工法に比べると少ない工程で行うことができます。ユニットバスというと、ホテルなどにある、浴室にトイレや洗面台が一体化しているものをイメージする人も多いかもしれませんが、セパレートタイプもユニットバスと呼ばれています。

また、ユニットバストシステムは同じですが、ミスとサウナや浴室乾燥機が付いたシステムバスもユニットバスの一種となります。ユニットバスは、規格が決まっていますから、リフォームするためには規格にあわせて選ぶことが大切です。現在在来工法のお風呂の場合には、きちんとサイズを確認しないと、ユニットバスが入らない場合もありますから、きちんと採寸を行うことが大切です。ユニットバスを交換する場合には、まずは現在あるユニットバスを解体・撤去し、床下などの補修が必要がなければ、解体作業は1日程度で完了します。

その後、配管や電気腺の位置を調整し、新しいユニットバスを設置します。通常、2~4日程度で作業は終了し、50~100万円程度でリフォームを行うことができます。蛇口の漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *