トイレタンクの水垢つまり洗浄と水漏れを止める方法

トイレは我々の生活に欠かすことができない水回り設備です。昨今では戸建て住宅では1箇所ではなく2箇所に設置されていることもあるほどで、家族が多くなるほど使用頻度も高くなる傾向にあります。それだけ使用頻度が高ければ必然的にトラブルも起こりやすくなりますが、トイレトラブルの筆頭に挙げられるのが和式トイレタンクの水垢つまりと水漏れです。和式トイレの場合、水の力で汚水を下水道へと流すため必ず水洗用タンクが便器と配管で直結されているのが特徴です。

この水洗タンク内には常時2L以上の水が蓄えられていて、水垢が付着しやすくなります。水垢つまりが発生するのはタンクの下部に備わっている排水溝で、ここから便器へと水を流すのですが水垢つまりが起きていると水が流れなくなるというわけです。さらにタンク内の水が減らないのに新たに給水されることで水漏れも発生するという悪循環となります。水垢つまりは綺麗に洗浄すれば元通りにすることができ、同時に水漏れも食い止めることが可能です。

洗浄するには一度タンク内の空っぽにしなくてはいけないので、最初の給水栓を閉めることから始めます。その後、タンクの底にあるゴム栓を取り外して中性洗剤でよく洗います。その後、ゴム栓を元通りに取り付けて給水栓を開ければ完了です。工具等は一切使用する必要もなく、何ら難しい知識や技術も不要なので定期的に洗浄をおこなっていればトイレトラブルをなくして快適に使用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *