トイレのつまりや水漏れに直面したら

毎日の暮らしには欠かせないトイレは、家の中でも何かと水のトラブルが発生しやすい設備で知られます。まず代表的なものが、便器のつまりでしょう。水を流すとゴボゴボと異音がする、完全に排水されるまで時間がかかる、排水口が逆流して突然水が便器からあふれ出した等、様々なケースが見られます。トイレがつまると使い勝手が悪くなるだけでなく、トイレ本体の劣化を進めることになります。

また、つまりによって水漏れが発生すると、他の正常な水道設備や建材にもダメージを与えることがあります。特に団地のような集合住宅では、水漏れが床下へ浸透し、階下の住民にまで被害を及ぼすこともあるので、十分に注意する必要があります。そうなると修理工事も大がかりになるため、余計な費用を支払うことにもなりかねません。また工事期間中は使用できなくなるため、日常生活にも支障をきたすことになるでしょう。

したがって日頃から少しでもつまりを感じたら、できるだけ迅速に対応することが大切です。そもそもトイレがつまるのには、幾つかの原因が考えられます。まず最もオーソドックスなケースが、トイレットペーパーの過剰使用。水溶性の紙類でも大量に使用すれば溶け残るため、それがつまりを引き起こします。

さらにオムツなどの非水溶性の紙類やハンカチ等の布類、そしてスマートフォンや筆記具のような固形物なども、つまりの原因として目立ちます。これらは水に溶けないため、排水口では一気につまって、突然水が便器からあふれ出すことさえあり得ます。同時に、水漏れによる床や壁へダメージが拡大する点も、見逃せません。いずれにせよこのようなトラブルに直面したら、素早い対応が必要です。

地域で実績のある水道修理会社へ連絡すべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *