水漏れやつまりを修理する時の注意点

手順さえ分かれば意外と簡単に修理できる水漏れやつまりですが、誤ったやり方を実践すると状況を悪化させることにもなり兼ねませんので注意が必要です。

水漏れでは、止水栓を閉めずに修理を行うのは基本的にNGです。まだ直し切れていないのに急に水が増えてくることがありますし、大量の水を出しながら処置を行うと焦りから失敗してしまいます。心理的な影響のみならず物理的にも悪影響を及ぼし、周りが水浸しになるリスクをはらんでいます。きちんと直せているかを確認したいという場合には、全て終わってから止水栓を開けて様子を見るのがお勧めです。

配水管がヒビ割れている時の対処法として、専用のパテを使ってやり過ごすことがあります。応急処置としてよくある手法ですが、長期間効果を持続させるのは難しいので、上手く止めている間に本体ごと交換する方法を考えなければなりません。特に経年劣化によるヒビ割れの場合には、他の箇所からも水漏れが発生する可能性があります。

テープやパテを過信せず、応急処置をしただけで本格的な修理が必要だということを理解しましょう。つまりで問題になるのは、流れを良くするために使う洗剤の利用法です。酷いつまりが発生したら、より強い作用を求めて放置時間を長くすることがありますが、これはとても危険です。汚れはなくなって流れがスムーズになっても、排水管自体にダメージを与えては意味がありません。長時間の放置は傷める原因となるため、十分に気をつけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *