ラバーカップでは直せないつまりトラブルのアイテム

トイレや浴室、キッチンなど排水口がある水回りでは、つまりのトラブルが起きてしまう可能性は十分に出てしまいます。

現象は様々な状態があり、少量ずつ流れている状態や一切流れが止まっている状態など場所と原因による違いはあります。通説ではラバーカップを押し当てて使う方法で直せる可能性が高いとされていますが、この方法で直せない場合は他のアイテムを利用する方法があるので試してみる価値はあるので、詳細を理解した上で作業することが必要です。つまりのトラブル用として販売されているアイテムの中には、ワイヤー式のブラシがあり、ネット通販でもそれほど高額ではなく1、000円程度から2、000円程度で購入可能な商品が販売されています。

ワイヤーは少し太めのものを選び、フレキシブルワイヤーであれば排水トラップの奥側まで届かせることができます。優れているアイテムは手元でレバーを回しながら操作できるものまであり、先端にはブラシが付けられているので非常に効果的です。ラバーカップは排水口から排水管の近い位置を揺らすという効果があり、簡単なつまり対策では有効ですが、深刻な症状ではワイヤーブラシのように、ダイレクトに異物まで届かせられる方が早期解決には役立ちます。

異物を分解、破砕しながら奥側まで通せることにより、トラブルを解消できる可能性は高まります。もしもワイヤーブラシで少しずつ水が流れ、数分を待って完全に汚水が流れた際には、少量の水を流しながら再度ワイヤーブラシを用いると、配管内部を綺麗に洗浄できます。その後は洗浄剤を使うなど、薬品に頼る方法も非常に効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *