配管からの水漏れトラブルを修理で直すことは可能です

水漏れトラブルは通常は、蛇口が原因な事例が多く、殆どの場合でパッキンが劣化したことで起きてしまいます。

蛇口であれば簡単に修理可能な範囲が多いのですが、配管からの水漏れトラブルは直し方が全く異なります。配管のどこかの場所に穴が開いてしまう現象はあり、トイレの給水管などは代表的な事例です。少し前の世代のトイレの給水管は、床下から接合したものをロータンクのボールタップへと引き込んでいる構造です。この給水管が金属製を使用していることが少し前の世代の特徴です。

床下から床上へと接続されている金属製給水管は、ロータンクの位置に合わせるように湾曲させて設置している住宅は多数あります。湾曲部には金属疲労が起きてしまいやすく、長く使っていると自然と穴が開き水漏れのトラブルに発展するという流れです。完全に直すには給水管を蛇腹式、フレキシブル式の給水管へと交換工事を行えば復旧することができ、樹脂製の給水管であれば金属疲労を起こすこともありません。

交換工事ではなくあくまで修理の範囲で直す方法はいくつかあり、配管の穴を塞げるテープを使う他、金属に対応するパテで穴塞ぎを行う方法でも修理は行えます。テープの場合は安価で販売されているビニールテープではなく、自己吸着タイプのテープを強く巻き付けることで水漏れは止められます。他にも溶接をするという修理法もありますが、こちらは修理会社で対応していないことが多いので現実的ではありません。穴のサイズが大きい場合は、アルミテープやステンレス板とパテを併用する方法で直せます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *