トイレの水漏れ修理の簡単なやり方とは

トイレの水漏れ症状の一つに、水が溜まっているタンクの中で水が流れる音がするものがあります。

タンクの中には、給水や止水に関わるボールタップや浮き球などといった細かい部品がたくさん入っています。タンク内から水の音がする時は、ボールタップと浮き球を調べることで自分で修理できます。この2つの部品の仕組みは、タンクの中の水が増えたり減ったりすることで浮き球が上下に動き、浮き球が動くことでボールタップが止水弁として働きます。タンクから水漏れの音がしている場合は、この2つの部品にトラブルが起きていることが多いです。

タンクの中のボールタップが原因かどうか調べる場合は、まず浮き球を持ち上げて水が止まるかどうかを確認します。その作業で水が止まらない場合は、ボールタップの止水弁が故障している可能性があるので、新しいボールタップに交換することで修理ができます。浮き球は、タンクを開けると水面に浮いています。ボールタップの時と同じように浮き球を持ちあげて水が止まれば、浮き球が水漏れの原因です。

浮き球が割れていなければ、一時的な不具合と考えられるので、しっかりとボールタップの止水弁が作用する位置に浮き球を浮かせ直すことで修理できます。浮き球が割れている場合は交換が必要です。ボールタップと浮き球はホームセンターのトイレ関連コーナーで購入できます。使用しているトイレメーカーの浮き球がホームセンターで扱っていなければ、メーカー公式サイトから注文することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *