トイレのつまり修理に便利なラバーカップの使い方

トイレが詰まってしまうと用を足すことができなくなるので、すぐに修理業者に着て貰いたいと考える人は多いといえましょう。

最近は最短30分で出張修理を行っている業者さんも多くなっていますが、これは営業エリア内での話でありすべての地域が対象になっているわけではありません。また、時間帯により対応ができる会社もあるので翌日まで待たなければならないことも決してゼロではないのです。こんなときに役立つ存在になってくれるのがトイレの万能グッズともいえるラバーカップです。

ラバーカップはスッポンと呼ばれることもあるトイレの詰まり解消グッズですが、基本的に水が溜まっていないと使えませんので、水位が極端に下がっている場合はバケツに水を汲んで便器に注ぎ入れる、もしくはタンクレバーを回して水を注ぎ入れます。ラバーカップは圧力で詰まりを引っ張り上げるための道具で、隙間ができないようにするのがコツです。ちなみに、この道具をホームセンターで探したところ、先端が出っ張っているものとそうではないものの2種類があり、どちらを選ぶべき困ってしまった人も多いのではないでしょうか。

出っ張りがあるのは洋式用で出っ張りがないのが和式用なので、自宅のトイレに合うものを選ぶことが大切です。また、隙間があると水圧を与えにくくなりますので大きさについても自宅に合うものを選ぶ必要があります。なお、ラバーカップでやっても解決しないときには修理業者に依頼という形になりますが、ラバーカップで解消できれば修理費用の節約もできますのでチャレンジしてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *