トイレの修理を依頼するときのポイントとは?

トイレのトラブルが発生すると、大半の場合は修理業者に依頼をしなければ、このように考えるケースは多いのではないでしょうか。

しかし、依頼するとなると気になるのが費用、ちょっとした対応だけで数千円の費用が掛かることも少なくありません。タンクの中には浮き球と呼ぶ水位を監視するための部品が付いていますが、水位が下がると浮き球も下方向に移動してバルブを開けて給水をスタート、再び水位が戻るとバルブを閉じて給水を止める役割を持ちます。

レバーを回すとタンク内の水位が下がるのでバルブが開いて給水を始めますが、このとき浮き球が外れてしまうとバルブは開いたままとなり、常に便器に水が流れるようになります。仮に、浮き球の故障で水漏れが起きているとき、トイレの修理業者に頼むと出張料や技術料などで数千円もの費用を払うことになりますが、タンクの蓋を開けて浮き球を元の状態に戻せば費用は実質ゼロで済みます。

レバーはチェーンでタンクの底にあるフロートバルブと呼ぶ蓋と連結されていて、レバーを回すとチェーンが引っ張られてフロートバルブが開きます。水圧の変化で水量が減るとバルブは元の状態に戻るのですが、このとき隙間が開いてしまうとそこから水が漏れるトイレのトラブルが起きることもあります。この場合は、フロートバルブを元の位置に戻すことで直すことができるわけですが、浮き球のときと同様に原因が分かれば自ら修理をすることができる、費用をかけることもないわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *