トイレの修理依頼はトラブルの原因を究明してから

トイレのトラブルには水が流れなくなる詰まりや流れが悪くなるもの、水道管からの水漏れやタンクから便器に流れる水が止まらなくなるなどがあります。

水漏れの中には便器と床の隙間から漏れ出すものもありますが、これは排水溝の入り口に何らかの異物が流れをせき止め、あふれ出て来るものでマンションなどの場合は階下への水漏れのリスクがあるため一刻も早く修理業者に対応して貰うことが大切です。これ以外のトイレトラブルの多くは修理業者に依頼せずに自ら直せることもあるので、最初にトラブルがなぜ起きているのか原因を究明することをおすすめします。

水道管の中でも止水栓からにじむように水が漏れて来るものは、止水栓内部にあるパッキンの劣化が原因のケースが多くパッキンを交換することでトラブルを解決できます。パッキン交換をするときにはモンキーレンチやマイナスドライバーなどの工具が必要になりますが、一通り揃えておけば修理するときに利用できるので便利です。

タンクから水が流れ続けてしまうトイレトラブルは、タンク内部に問題が生じているケースが多く止水栓を閉じてからタンクの蓋を開けて内部を調べます。特に、浮き球やチェーン、フロートバルブなどはトイレの水漏れを起こす要因でもあり、これらが正常に機能していることを確認しておきます。原因を究明しても分からない場合には修理業者に依頼といった流れになりますが、修理業者を選ぶときには費用がどのくらいかかるのかを調べておく、出張時にその場で見積もりを作成して記載されている金額ですべてできるのかを確認した上で依頼することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *